2006年5月の“わん”

2006/05/01
さすけ(♂)【'95年05月01日】奈良県
優しい父ちゃん
2006/05/02
クッキー(♂)【'99年05月02日】沖縄県
ちょっぴり臆病 甘えんぼ
2006/05/03
ロビン(♂)【'99年05月03日】兵庫県
ロビンです
我が家の三男「ロビン」とは2年前に愛護団体の里親募集で出会いました。
鼻の上に大きな腫瘍ができて、元の飼い主が半ば飼育放棄のように
冷たいコンクリートの駐車場で血まみれになり、ただ死を待つばかりの中
たまたま通りかかった愛護団体の方が元の飼い主から引き取り
たくさんの方からの募金で手術を受け、腫瘍を取ることができました。
そして里親が決まるまでの一時預かりとして
2年前の今日、我が家にやってきました。
半年ほど居候状態でしたが、結局二男坊として我が家の子となりました。

マズルにポッカリと穴が開いて中が丸見えなので、初めて会う人にはちょっと
キツイのですが、我が家では何も意識することなく普通に暮らしています。
腫瘍(正式には骨組織過誤腫です)がすぐにでも再発すると思われて
いたのですが、2年たった今でも、ほとんど変化がなく獣医にも人間で言う
5年生存率を超えたのでこのまま行けるのではないかと言われています。
病気の介護の覚悟をしていたのですが、ひょっとすると老犬介護が
できるかもしれません。そうなってくれれば嬉しいと思っています。

2年前、誰にも見つけてもらえなければすでになかった命。
今はとても元気です。
どうか皆さん愛しい子のため最後まであきらめないで下さい。
そして、犬は見た目なんか気にしていません。
どうか、見た目や人の感覚で判断せずに愛しい子たちを
最後まで愛してあげてください。

我が家のホームページは http://www.tantanke.net/
ロビンの我が家に来た経緯は http://love-peace.milkcafe.to/sos-robin.htm
2006/05/04
★杏(♀)【'02年05月04日】石川県
猫と仲良し 優しい杏
2006/05/05
スヌーピー(♂)【'94年04月03日】京都府
スヌーピーの健康法
スヌーピーは、小さい頃から心臓が弱く、そのせいかあまり吠えることもなく番犬にはなりません。
運動も過激にはできず、夏のお散歩はほどほどにして帰ります。

猟犬にもなるビーグルとは正反対の、マイペースでのんびり屋のスヌーピー。そんな彼のたった一つのこだわりは、画像のように庭の岩の上にすわって日向ぼっこをすることです。

とにかく、この場所がいいんです。
岩の上に盆栽が乗っていようと、鉢物が置いてあろうと、それを落としてでも自分がそこにいたいのです。
疲れると降りて横になりますが、また岩の上でお日様の方を向いてじっとおすわりしているスヌーピーです。
いったい何を考えているのかしら・・・?

絵本に出てくるスヌーピーは、いつも犬小屋の屋根に上っているけれど、家のスヌーピーは、岩の上に。
何気なくつけた名前ですが趣味が似ているのが、可笑しいくらい不思議です。

そんなスヌーピーも、もう12歳。岩の上が良かったのか、毎日の日光浴がよかったのか、何事もなくこんなに長生きしてくれてありがとう。これからも元気でいてよね。

「スヌーピー!!」

私が呼んだ声に振り向いたスヌーピーです。
2006/05/06
★小太郎(♂)【'03年05月05日】沖縄県
ムードメーカー
我が家の周りはわんこがたくさんいます。横に並んで4軒、前のお宅、そして斜向いのお宅などなどざっと10匹以上。
その中でひときわ大声のわんこ、それが小太郎です。

小太郎、内緒の話だけど・・・父さんにも内緒だよ。

実は母さんは君と初めて会った時から、可愛い兄弟の中で一番おかしな顔をした君のことがず〜と気になっていたんだ。
誰ももらってくれなかったらどうしようかと心配だったし、できるものなら「うちにおいで!」と言いたかったんだ。

でもうちは小雪ネーネー、ミミオが次々と家族となっていて君を迎える余裕がなかった。
母さんは君の幸せを祈るしかなかったんだ。

不思議なことに、きょうだいの中で一番初めに里親さんの所に行ったのは君だったね、それもあっという間に。
母さんはほっとしたよ、幸せになれるって思っていた。

そして君と再会した日のことは忘れないよ。
夕方の散歩に堤防に行った時のこと、遠くから真っ白な君が母さんめがけて走ってきたね。
恐がりの君が・・・小雪と散歩している母さんめがけて走ってきたね、びっくりしたよ。

君はいい子なんだってね、、無駄吠えしないんだってね、声を発しないんだってね。
飼い主さんは君の声を聞いたことがないんだって。母さんはまた心配になったよ、声が出せないんじゃないかと。
首輪もギュウギュウ締められていたね。
ワクチンもフィラリアも予防してもらえていなかったね。

何回か君に会いに行って母さんは決心したよ、うちの子にするって。
君は普通に家に帰るように母さんの車に跳び乗ってくれたね。

そして母さんはまたびっくり!したよ。
うちの子になった次の日、大きな君の声を聞いた時さ。 誰の声???って。。。まさか君とはね。
君はやっとうちの子になったんだ、うちの子になってくれたんだ、ありがとう。

ちょっと近所に母さんが出かけても、帰ってくると必ずジャンプして喜んでくれる小太郎、
体を捩りながら尻尾をブンブン振って喜んでくれる小太郎、可愛いな。
君はうちのムードメーカーさ、長生きしようね。
2006/05/07
Noemie(♀)【'95年12月07日】愛知県
何かくれるの?
2006/05/08
★カナタ(♂)【'04年03月03日】東京都
カナタはご近所親善大使
2kg・やんちゃ・ひざに乗りますと書かれたちょこんと座った写真付きの里親探しの記事と出会い、カナタが我家にやって来て、今日で丁度2年になります。

2kgから20kgへ、やんちゃは健在、ひざに乗りますも、なんとそのまま・・・(重いよ・・・)の甘えん坊君は、日々さまざまな表情を見せ、私達を楽しませてくれます。
ドッグランに行けば、入口で腰の低い番頭さんに、
ボールや手袋を見れば、眼光鋭いハンターに、
ご飯の時は100点満点のおりこうさん!
ハラリと倒れて貧血のふり、座布団運びの山田君・・・etc
でも一番は、ご近所親善大使!持ち前の人懐こさで、会う人会うわんにご挨拶!
歩いていると、「何犬ですか?」「なんて名前ですか?」と声をかけられたり、すれ違う人が、「かっこいい!」「かわいい」「キレイな犬〜!」と言ってニコニコしてくれます。
カナタに会いたくて、我家の前をお散歩コースに加えてくださった方もいるほどです。
つられてママ上もネーネーも、ニコニコしたり、挨拶する人が増えました(カナタと一緒じゃないと気付いてもらえないことも多々あります・・・)。ご近所で一番顔が広いのは、間違いなくカナタです!

カナタ、これからもずっと、みんなに愛されるわんでいてね!
カジカジされても、20kgでひざに飛び乗られても、カナタのこと大好きだよ!
2006/05/09
ロッキー(♂)沖縄県
いっぱい遊んだね♪
2006/05/10
なな(♀)【'05年01月06日】東京都
何犬?ってよく聞かれて悩みます
2006/05/11
ベッカム(♂)【'02年05月11日】京都府
ママより息子ベッカムへ♪
ベッカムお誕生日おめでとう!4歳だね。
少しお兄さんになったのか、ベッカムgoodとよくお父さんに誉めてもらっていますね、
我が家のムードメーカーこれからもヨロシク
長生きしてよ!!
2006/05/12
ベン(♂)【'92年03月06日】京都府
いつも一緒に。
3月に満14歳を迎えたベンです。

黒のラブラドールがお母さん、お父さんは黄色のラブラドール。知人のお宅で生まれたワンコのうち、一番体の大きな子、それがベンでした。
3ヶ月で我家へ迎えた頃は、どうしようかと悩むほど悪戯なヤンチャっ子でした。

あれから・・・・・月日の流れはあまりに速く、今日までの日々があっという間に過ぎました。
気がつけばすでに老齢の域に生きるベン。

若い頃のベンは主人のお供をして、車で日本中を巡ったものでした。
フェリーに乗って北海道へも何度も渡り、殆どの山を主人と共に制覇。
そして夏は琵琶湖でジェットスキー。
本当によく遊んだねえ。

ベン、あなたを見ているだけで、あの頃のまぶしく輝くような姿や、その思い出が、私の胸にあふれてきます・・・。

今では足腰が弱って車に飛び乗ることもできなくなったベン。
そんな時ベンは自分の衰えをよくわかって、あきらめる時の寂しげな表情やその様子を見るにつけ私までさみしくて胸が痛みます。
いつまでも元気で一緒にいてほしい。そんな願いとは裏腹に、当たり前のようにやってくる「老い」。避けて通ることのできない日々。

でもね、ベン。
何もしてあげられないけど、お前のそばにはいつも私がいるよ。
これまでどおり。  そしてこれからもずっと。
2006/05/13
ルル(♀)【'02年05月10日】京都府
マッサージ大好き
2006/05/14
ジュ太(♂)【'03年05月10日】東京都
明るく楽しい毎日!がボクのモットー☆
こんにちは!ボク、ビーグル犬のジュ太です。
3歳になったばかりです。
趣味はドライブ。特に運転してるねーねーのお膝でドライブが好きだけど、危ないから助手席で我慢してます。
特技は新聞を取って、ママに渡すことと、大食い早食い。
大好きなのはママ!もうじきいい子になるから、いつまでも元気でいてね。
ボクがこのおうちに来たのは、やっぱりビーグル犬のアンジュ姉ちゃんがお星様になって、すごく寂しがってるママを慰めるためでした。
でも、おとなしくって優しくっておりこうさんのアンジュ姉ちゃんと違って、ボクはビーグルの本領発揮!!すっごいイタズラでママたちを困らせてばかり。
でもね、アンジュ姉ちゃんやアントン兄ちゃんたちの中でボクがいちばんスタイルがよくて、アタマいいんだって。へへ。

写真は去年ねーねーと石垣島に行って、初めて海に入ったときのです。こわかった〜。ねーねーの投げた石ころを追っかけて走ってったら、足がつかなくなったの。
石垣島はまた行きたいけど、海はもういいかも…
でも、リードなしでアスファルトじゃない所を思いっきり走るのは気持ちいい!
わんわんclubのママさんも優しくしてくれるし、海や初めてがいっぱい!の石垣島。
みんなも行ってみてね。飛行機も…へ,平気だよ。
今度はママとねーねーと行くんだ。


お誕生日にジュ太から話を聞いて代筆いたしました。
byゆきねーねー
2006/05/15
ZIGGY(♀)【'00年05月15日】東京都
2代目破壊の女王
2006/05/16
サラミ(♀)【'04年05月16日】愛知県
サラミです。
サラミ 2004年5月16日生まれの女の子です。 我が家には先住犬のウイスキーがいるのですが、ウイスキーがそろそろ7歳になるので、ウイスキーの遊び相手を・・・できれば女の子がいいな、って考えたんです。
で、近くのペットショップを何軒か覗いてみたんですが何となく気に入らなかったんです。
そんなある日、あるペットショップで生後4ヶ月を過ぎて5ヶ月目に入り、どんどん値段が下がって売れ残ってる女の子を見かけたんです。このまま売れ残っていくとこのコどうなるんだろうか?って思いながら試しに抱かせてもらうと腕の中で大喜びで一暴れしたあと「ぴとっ」と頭を胸にくっつけてくるんです。これがサラミとの出会いです。ちょうど我が家は親父の単身赴任が決まり、その引越し騒ぎが落ち着いたらサラミを引き取る事にしたのでサラミが我が家にやってきたのは10月9日、もう殆ど5ヶ月目が終わろうとしている時期でした。
最初はウイスキーがサラミを警戒していたんですが、何とかうまく折り合いをつけてくれて、今ではサラミも「にいちゃん、にいちゃん」ってウイスキーと仲良くやってくれています。ウイスキーは小さいときからショートカットにしていましたが、サラミは女の子らしくしたいと生まれてから一度も毛を切らずにロングにしています。
ウイスキーはどちらかというとおっとりしていて、小さいときから手がかからないワンでしたが、サラミはいつも我が家の騒ぎの中心にいます。
もうそろそろ2歳の誕生日が近づいているのですが、幼児体形が残っていて、やる事なす事、いつまでも赤ちゃんなのです。
いつまでも甘えん坊のままのサラミへ。兄ちゃんが父ちゃんやお母ちゃんに甘えたいと思っているときには割り込んでこないで、少しは兄ちゃんに譲るんだぞ!
2006/05/17
みみん(♀)【'03年5月17日】福岡県
かあさんだぁいすきよ
2006/05/18
コン(♀)【'02年07月20日】沖縄県
コンちゃん でえす!!
みなさんこんにちわ、あたし、コンちゃん。 元旦登録のダイちゃんのママに保護されていたあたしを、いまの母ちゃんが(酔った勢いとはいえ???)鼻ひとぺろで引き取ってくれたのです。
ちょっぴり恐顔で、目が茶色で、私は気品ある美女犬を思っているけど、母ちゃんは「キツネ似のコギツネコンちゃん」と名付けたもんだから、お散歩中「バケギツネ〜〜!!」と子供に呼ばれるとちょこっとムッとするけれど、「きれいな犬ね!」と言われたら、振り慣れないシッポも振ってみせてよっ。
でも母ちゃん以外の人の手はこわくてこわくて、なでようと伸ばす手に必ず歯をむき出しにしてしまうの・・・。
そしていつも母ちゃんにおこられては反省の日々・・・(涙)
だって、おうちでゴロゴロと過ごすのが大好きなあたし♪
エアロビクス教室の先生の母ちゃんの声が、1Fスタジオからズンチャカ♪ズンチャカ♪聞こえてくるけど、2Fのベランダは風通しが良くてサイコーなの!
ああぁ、今日もおさんぽまで夢の中〜〜
2006/05/19
アイン(♀)【'01年05月03日】大阪府
ボール遊び大好き♪
2006/05/20
★リリ(♀)神奈川県
いつも陽気なリリ
2006/05/21
きすけ(♂)【'03年05月21日】兵庫県
今日は僕の誕生日!
2006/05/22
★とっと(♂)【'03年07月】北海道
何故かビーグル大好き
2006/05/23
チコ(♂)【'97年03月11日】京都府
チコちゃん
 チコが我が家の子になって、気がついたらもう9年、本当に早いものです。生家の飼い主さんの都合により、
生まれてたった1ヶ月になるかならないかの時に迎えに行き、手のひらに乗る程の小さな子犬を見て、ちゃんと育てられるだろうかという不安はありましたが、すくすくと元気にお利口さんに育ってくれました。
 でも3歳の夏に急性膵炎になり、激しい血便と嘔吐を繰り返し、二週間もの間絶飲絶食で点滴のみで命をつなぎ生死をさまよいましたが、何とか生きてほしいという祈りが通じてすっかり健康を回復し、今日まで病気知らずに元気に過ごしています。
 いつも人と一緒に暮らしているわんちゃんはみんな、人の言葉を相当理解できるようですね。我が家は娘達もそれぞれ独立し、夫婦二人暮らしなのですが、娘から遊びに行くからと電話が入ると、じっとそばで聞いてて、
いそいそと玄関に行って寝そべりひたすら娘一家が来るのを待ち続けます。今日ではないよ、ということがどうしても理解できないようです。
 又、私達が出かける相談をして用意を始めたとたん、しっぽをたらーんとたらして、とぼとぼと夜になったら寝るお気に入りのソファーに行き、上目づかいでずっと出かけるまでさびしそうに見つめています。
 食べる事よりも、寝る事よりも朝と夕方の散歩が一番大好きなチコ、ボールやアザラシのぬいぐるみをくわえて来て、一緒にひっぱりっこをして遊んでとねだるチコ、寝る時にはおしりや背中など、体の一部を誰かにくっつけて寝る甘えんぼなチコ。
 一緒に暮らせる日がいつまでも続くようにと願っています。
2006/05/24
くり(♀)【'00年05月24日】奈良県
怖がりの世話好き
5月1日に載せて頂いた<さすけ>の長女です。
生まれた時は母親が初産だったためと逆子であったために1頭は窒息死をしてしまい、
1頭は仮死状態で3頭めは普通に元気に生まれました。
この元気な子がくりです。仮死状態で生まれた子は3日間は居ました。居ました・・と言うのは、母親犬が隠してしまい様子が分からなかったのです。
私も始めての産婆経験でしたし、動物病院の先生も「犬は安産だから・・逆子も当たり前・・」と簡単に言われていたのです。
様子がおかしいと思い母犬のトイレを何時もの所より離しておき、トイレに行っている間に子供の様子を見ました。
すると、仮死状態で生まれた子は冷たくなっていました。直ぐに取り上げて隠れ家を今までの状態に戻しておきました。母犬は何度も出入りして子供を捜していました。
可愛そうでしたが・・・。残った1頭は順調にコロコロになるほどに育っていました。
母犬も段々と子供を見せてくれるようになり、隠れ家から外へ出すことも多くなってきました。 ひとりでしっかりおっぱいを飲んで見る見る大きくなりました。チョッと過保護に育ったようです。周りの人間がそうさせたのかも?
チョッとの物音にも敏感で、直ぐあとに生まれた妹達の世話をして逐一私に様子を伝えに来ます。躾をしていない為近所迷惑なほど吠えます。
さすけが去年11月に天国へ逝ってしまい残された母娘ワンコ達と楽しく暮らせたらいいな・・と思っています。
2006/05/25
ボイス(♂)【'96年08月25日】京都府
ボイスのVoice
ぼく、ボイスだよ。 もうすぐ8歳になるんだ。 ボクはお父さんが大好きだから、何でも言うことをきいちゃうんだよ。

お散歩もちゃんとリーダーウオーク。
食べ物はお父さんが「よし!」って号令をかけるまでは食べない。だから、お客さんが来て、よそ見した間にケーキを食べちゃうとかぁ、お菓子をつまみ食いしたりとかぁ、絶対にしないんだ。家へ来たお客さんはみんな、ボクの事を褒めてくれるよ。エッヘン!

ボクは、8年前ペットショップにいました。
そこへチワワを探しに来たお父さんがボクを見つけてくれました。当時チワワはまだ少なかった。
だって、テレビで「アイ○ル〜〜〜〜♪」ってCMもやっていなかったしね。だからとっても高かったらしい・・・・
お父さんも、どうしようか3日間迷ってペットショップに通ってくれたの。
お父さんの顔を見るたび、今日も来てくれたんだって思ったら、ボクはとっても嬉しくて嬉しくて・・・「どうしてもこの人の家族になりたい!ここから連れ出して一緒に帰らせてください!」って、一生懸命祈りました。

お父さん、ボクは今とーっても幸せだよ。
ボクを家族にしてくれて、ありがとう!
ずっとずっと一緒にいたい。

お父さんの傍にいたいんだ。
2006/05/26
ハル(♂)東京都
元気なシニア犬です
2006/05/27
珠子(♀)【'98年12月01日】京都府
珠子ちゃん
珠子ちゃんのお家は以前牛乳屋さんでした。
おじいさんとおばあさんが珠子ちゃんの家族です。

最近おばあさんは具合が悪くて、寝ていることが多くなりました。

いつも笑顔の珠子ちゃんは、そんなおじいさん、おばあさんの心の支えです。おじいさんが話しかける言葉にじっと耳を傾ける珠子ちゃん。

これからも、おじいさん、おばあさんを守ってあげてね。
がんばれ、珠子ちゃん!
2006/05/28
風馬(♂)【'04年05月28日】愛知県
わんぱく天使で〜す
2006/05/29
しばちゃん(♀)【'83年02月17日】愛知県
会いたいなぁ
2006/05/30
マロン(♀)【'02年06月07日】京都府
仲良し一卵性親子
2006/05/31
ケリー(♂)【'91年10月10日】京都府
またいつか会いたいね。
ケリーちゃんは、過去ブームになったハスキー犬の名残で
最近では珍しく、なかなか見かけなくなった犬種です。

ケリーちゃんは一度外へ出てしまうと帰ってこない癖があって、これまで3回も脱走しました。一度は収容施設まで行ってしまったこともありました。
けれど、見た目や履歴とは裏腹に、とっても穏やかで優しい性格のケリーちゃんでした。

最近ときどき痙攣をおこすことがあったものの、食欲もあり、よく歩いていたのに・・・

5月13日の朝10時、出かけて帰宅後飼い主さんがケリーちゃんの小屋をのぞくと、ケリーちゃんはもう冷たく動かなくなっていました。

何の前触れもなかった突然の出来事に、まだケリーちゃんの死が信じられない飼い主さんです。でも、高齢・・・それを思えばあっけなく逝ってしまったことが、むしろケリーちゃんには幸せな最期だったのかもしれないとも思えます。

ケリーちゃん、きっと何も思い残すことがなかったんだね。
毎日が幸せに満たされていたのでしょう。
さようなら、ケリーちゃん。

ケリーちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。