2006年3月の“わん”

2006/03/01
はな(♀)【'04年12月10日】 京都府
我が家のアイドル!
2006/03/02
★ちゅらたん(♀)【'03年03月02日】 兵庫県
ちゅっちゅでちゅ!!
2006/03/03
★なな(♀)【'03年03月03日】 東京都
ず〜っとずっと癒し系
2006/03/04
kinaco(♀)【'02年03月03日】 京都府
京美人でしょ? 笑
2006/03/05
金兵衛(♂)【'98年10月10日】 京都府
僕 パン大好き♪
2006/03/06
ハル(♀)【'03年12月15日】京都府
穴堀名人で〜す♪
ハルちゃんのお家は、とってもとっても広い植木畑のある植木屋さんです。町の中とは思えない不思議な空間、そのお庭に建っている小屋がハルちゃんのハウスです。

今冬は寒さが厳しく、朝の散歩から帰ったひと時、やさしいおばあさんが茶の間に上げてくれます。

ハルちゃんは、マットの上で自分で足をぬぐってからお部屋に上がってきますが、そんな時もハルちゃんは自分の場所からそっとコタツの上にあごを乗せてじっとしています。
でも、ご主人が、「ハル、ハウス!」と号令をかけると、さっと自分のハウスへ帰っていくのです。 ハルちゃんは、とってもお利口さんです。

最近はどの山もそうですが、動物達の食べ物が少なくなり、おなかを減らした動物達が里へ降りてくることがしばしばです。
ハルちゃんのお家の植木畑にも、猪や鹿が現れることがあり、ハルちゃんは、精一杯に吠えて、お家の人に知らせると同時に動物を追い払おうとします。植木が荒らされてしまうからです。

ハルちゃんの大好きなこと、それは「穴掘り」です。
夏の厚い頃は、その掘った穴に、すっぽり入っていました。
固いガムをもらうと、その穴に隠します。
そして、その穴は今も掘り続けられています。・・・・汗

優しく暖かなご家族に囲まれて、ハルちゃんはとっても幸せに暮らしています。
2006/03/07
Luck(♂)【'92年03月07日】千葉県
いたずら小僧〜♪
2006/03/08
ランラン(♀)【'99年3月】 沖縄県
雷以外 怖いものなし
2006/03/09
あずき(♀)【4歳くらい】 沖縄県
おとなしくマイペース
2006/03/10
セリカ(♂) 奈良県
また私と会ってね
2006/03/11
サリー(♀)【'00年07月15日】千葉県
我家の愛娘
2006/03/12
リュウ(♂)【'94年05月16日】 京都府
ケーキ屋さんのリュウちゃん
我家の一員であるリュウちゃんは、生まれて4年間は京都市伏見区の自宅で飼っていました。
道行く人に好かれて、いつも尻尾を振って愛想をふりまいていました。

その後は、右京区に引っ越して7年が過ぎ、今では店の裏側につながれて店員さんにも大変可愛がられています。

ところが、大人しすぎるリュウちゃんは番犬にもならず誰が着ても尻尾ふりふり、依然とちっとも変わらず、ただ散歩をねだる時はワンワン!と吠えてくれます。

とっても人懐こくて、可愛くて、孫の唯人(ゆいと)といつも仲良し。カレンダーの写真を撮ったあとで妹が生まれましたので、今では直ちゃんとも仲良しで、お散歩はいつも一緒に行きます。
2006/03/13
ミルク(♂)【'96年05月26日】 愛知県
がんばったね!ミルク
2006/03/14
チーズ(♂)【'04年10月02日】 埼玉県
お友達募集中です!
チーズが生まれたのは三重県。
2004年12月、埼玉県にある我が家にチーズを迎え入れて1年3ヶ月が過ぎました。
埼玉から車で三重県まで迎えに行ったことが遠い昔のような、ほんの少し前のような不思議な感覚です。

家族の一員なのだからと出かける時はほぼ一緒。
今ではすっかりここで生まれたような顔と態度をして家族を笑わせてくれます。

今年もチーズと一緒に、楽しい1年になるといいなと思っています(^^*

よかったらチーズに会いにブログにお越しくださいね。
ミニシュナチーズ日記 URL:http://blogs.yahoo.co.jp/cheesediaryfrom2005
2006/03/15
ふうちゃん(♂)【'99年8月20日】 京都府
京都のブラピ
2006/03/16
リラ(♀)【'98年3月16日】 京都府
リラとの日々を思う
リラとの出会いはペットショップでした。
当時、我家で同居していた父とのコミュニケーションの掛橋として犬を迎えたいと探していたのです。
お店で売れ残っていたリラは、すでに生後5ヶ月になっていました。このまま売れなかったら、この子はどうなるの? そんな疑問が私の心に引っかかり、リラを我家に迎ることに決めました。

リラは陽気で明るく、誰とも仲良くなれる穏やかな良い子に育ってくれました。
しかし、3〜4歳のころ、リラは立ち上がる時、足に痛みを訴えるようになり、そのうちに後ろ足を引きずって歩くようになりました。股関節形成不全でした。

更に5歳になる頃、脊椎神経が圧迫されて運動神経を侵され、クビを上げることも体を動かすこともできなくなってしまいました。
大型犬リラ・・・・介護の日々がはじまりました。

そんな時、獣医さんの勧めもあり、思い切って手術を施しました。
リラは、6時間にも及ぶ大手術に耐え、いつもの散歩道を歩ける様にまで回復したのでした。
神様が与えてくださった、リラと私たち家族への安らぎと平安の1年間でした。

けれど病魔はリラから取り付いて離れることはなく、肝臓の数値の異変に気付いた時には、体全体がすでに手の尽くせない状態にまで悪化していたのです。もう少ししたら股関節の手術をと、話していたところだったのに。

再び始まった介護の日々。
そんなある日、お友達ワン達がお見舞いにやって来てくれました。すると、リラは起き上がれない状態にも拘わらず、玄関まで移動して行き、鼻を近づけて挨拶をしたのです。・・・・・・

それから間もなく、リラは私達の元から永遠に旅立って行きました。
とても静かで安らかな最期でした。

新しく犬を迎えた今も、時々ふっとリラが鮮明に私の胸に蘇ることがあります。

「ありがとう、リラ。」

リラは今もずっと、大切な私の天使です。
2006/03/17
ティアラ(♀)【'00年3月17日】京都府
ハッピーバースデイ♪
ティアラ、6歳のお誕生日おめでとう〜! 今日まで、健康で一緒にいてくれてありがとう。
いつも寝てばっかりなのは、ちょっと寂しいけど、誰にでも人懐こく、どんなワンちゃんにも尻尾ふりふりで仲良くできる、とーってもいい子のティアラが来てくれて、本当に感謝してるよ。

ティアラは、娘がある日突然連れて帰ってきたんだったよね、びっくりした。。。。
なんでも、ペットショップにいた小犬だったティアラがじっと娘の目を見て、
「わたちを連れて帰って〜、わたちの面倒を見てくらしゃい〜」って言ったんだって。

結局、ティアラの面倒は私が見ることになったけど、毎日同じお布団で寝ているお父さんのそばが一番いいみたいね。
でも昼間はずっと私と一緒だもんね。ときどき喉をさすって〜ってやってくるでしょ。すると気持ちよくなって安心するのよね。

いたずらもしない、無駄吠えもしない、とってもいい子の可愛いティアラ、これからも元気でいつまでも一緒にいようね。
2006/03/18
★サスケ(♂)【'02年12月25日】東京都
僕達 仲良し兄弟♪
2006/03/19
サクラ(♀) 推定11才 タロウ(♂)推定12才 神奈川県
サクラ(左)とタロウ(右)
今日は、サクラとタロウのお母さんの7?才のお誕生日です。
    ☆ おめでとうございます ☆

サクラは11年前、6ヶ月位の頃にお母さんに保護されました。
一緒にいたサクラのママらしき黒の芝犬は、同じ町内会の人が引き取りました。

さくらは、ご近所の3匹のわんと一緒にお散歩に行くようになりました。
すると、その後をいつもついてくる わん が現れました。 
もう大人のわんでした。   それがタロウです。
かなりイジメられていたらしく、人になかなかなつきませんでした。
このままでは、そのうち保健所に連れて行かれてしまう・・・と思い、
その3匹のわんの家で、持ち回りでタロウの面倒見ることにしました。

タロウは少しずつお母さんになついていきました。
お当番でない時でも、「あらら、また家にいるの?」ということが多くなり
結局、お母さんのうちの子になりました。

タロウはとっても謙虚でおとなしいわんです。
先住犬のサクラが何でも一番です。
二番〜六番はやはり同居の猫ちゃんたちです。
サクラはソファーの上で、タロウはソファーの下でくつろぎます。
大好きなお母さんのことも、いつも、遠くから見ています。

お母さんはたま〜に、こっそりとタロウだけを呼んでご馳走をあげるそうです。
でも、タロウは尻尾を振ってサクラを呼びに行き、先にサクラに食べさせます。
たとえ、自分の分が残らなくても決して怒ったりしません。

お散歩の時、タロウはいつもサクラとお母さんの後ろを歩きます。
タロウのリードを長いのに変えても、やっぱり後ろを歩きます。
足腰の弱いお母さんと一緒にゆっ〜くり歩きます。
サクラが急発進で前に進んでお母さんを引っ張ると、
タロウはお母さんが転ばないように、一生懸命後ろ足で踏ん張ります。
タロウは、リードを離してもお母さんから離れることはありませんが
そんなこんなでバランスよくお母さんを支えています。

ちょこっと首をまげて、お母さんを見つめるタロウの視線は

   「お母さん、僕を拾ってくれてありがとう。
    僕は、とっても幸せだよ。」

そう、語っているようです。
2006/03/20
ジェシー(♀)【'97年4月1日】京都府
DIM(Do it myself)?精神
ジェシーは、走ることが大好きです。
毎日のお散歩は、朝夕とも自転車で出かけます。

昼間は外で過ごすジェシーですが、夜になるとお家に入れてもらいます。家の中では廊下がアジリティ会場になります。子供が出す足の高さにあわせてジャンプ。走ることと同時に跳ぶことも大好きなんです。
自分でタオルを放り投げ、受け、振り回す。
ボールを蹴っては、追いかけ走る。
自分で競技科目を決め、自分で毎日トレーニングしています。

ジェシーは、子供の希望でペットショップで購入しました。
あちこち見て回り決めたいと思っていたのに、最初に行ったショップで、上の子供にじゃれついて離れず、そのまま連れて帰りました。子犬の頃は、その子のベッドで一緒に寝ていたせいか、今でも恋人のように擦り寄っていくジェシーです。

狭いスペースに入ると落ち着くのか、ちゃんと犬小屋で寝ます。その時もちゃんと自分で毛布を広げ、自分のことは自分でやる。
自主性が身に付いているジェシーです。
2006/03/21
みーこ(♀)神奈川県
永遠のアイドル☆
2006/03/22
★ラブ(♀)【'03年03月22日】沖縄県
ヤシガニに興味津々!
2006/03/23
POKO(♂)【'04年11月18日】京都府
こころ
3月23日で5才になるこころです。こころに初めて会った時の可愛らしさは、今でも目に焼きついています。今では、気が強くて甘えたなPOKOのお姉ちゃんです。
2006/03/24
キュー(♀)【'02年03月14日】福岡県
いつもみんな一緒
2006/03/25
佐保(♀)【'93年03月23日】京都府
私は佐保(サホ)といいます。3月生まれなので「佐保姫」にちなんだ名前をもらいました。家へ来てもうすぐ13年になります。

一昨日、13歳の誕生日でした。お誕生日のお祝に、いつもはもらえないお肉をご馳走してくれました。

私のお母さん【りょう(良):母も黒ラブ】と9年間、一緒に過ごしていました。だから私はやっぱり年はとっても甘えたで泣き虫です。お母さんが亡くなったときは悲しくて何日も夜にヒーヒー泣きました。

でも、私も母親なんです。遠い新潟に私の子供がいるんです。類(ルイ)ちゃんです。家にも車で遊びに来て泊まっていってくれたんです。近くの山や川に出かけました。又来てほしいなあって、いつも思っています。

去年の夏から私の親戚になる子犬【タイム:2005年6月10日生】が家に来ています。
私にじゃれて噛んだり、追いかけてきて私に飛び乗ったりするので困っていたら、1月に訓練に出されていなくなってしまいました。
今度帰ってきたらお利口になっているかな?楽しみです♪

散歩は大好きなので、弱ってきた後ろ足ですが、外に出るとついピョンピョンと飛び跳ねてしまいます。

私のお母さんは13歳で亡くなりましたけど、私はもっと長生きしたいと思っています。家のお父さんも「佐保はもっともっと長生きしてくれよ」って言ってくれるんです。
そう言ってくれるのがとっても嬉しいから、頑張って長生きしまーす!
2006/03/26
クロ(♀)【'94年04月12日】 京都府
クロのひとりごと
クロ、12歳 岐阜県生まれです。
よく男の子に間違えられますが、女の子です。

名前は、お母さんが付けてくれました。
小さい頃は、顔が真っ黒だったのでこんな名前になっちゃいました。
単純でしょ!?
もうちょっと、シャレた名前 思い付かなかったのかしら?

犬の12才って人間だと64才だそうです。
知らない間にお父さんの歳を追い越しちゃいました。
でも、まだまだ元気!
かけっこなら負けないですよ。

犬のお母さんは、ビーグルです。
えっ、あんまり似てないねって?
しっぽの先の白いところを見ると納得してもらえると思いますよ。

好きなことは、お散歩と日なたぼっこ。
こうして、やわらかな春の陽射しを浴びて風に吹かれていると と〜っても幸せな気分になります。

これから、ぽかぽか陽気になって どんどん綺麗なお花が咲いてくるので
いい匂いを嗅ぎながら、お散歩するのが楽しみです。
2006/03/27
マーチ(♂)【'05年01月20日】京都府
ヤンチャっ子です♪
昨年の今日、我が家の一員になりました。
5ヶ月になる頃からヤンチャになり、サークルを飛び越えて小指を骨折!
写真はようやく自由に遊べるようになったころです。
今はとにかく何でも噛んじゃいます。おもちゃのぬいぐるみは中身を出してしまうので大変です。

食欲旺盛で、最近太り気味で困ってます。
最初に甘やかしてしまったので、家では自由気ままですが外に出ると大人しく内弁慶なマーチです。
2006/03/28
エルザ(♀)【'02年03月28日】京都府
エルザ、脱走!
エルザとの出会いは4年前。
とある里親募集のホームページ。

エルザに一目ぼれした私達家族はサイトオーナーの言われる条件にクリアし
エルザを家族の一員に迎えることができた。

エルザが家にきて半年経たない頃のエピソード。
玄関の戸が少し開いていてエルザが、皆の知らぬ間に外へ出てしまった。
捕まえようとしても逃げる。
車にひかれるかも!と心配したが その後、家の回りを一周して家に戻り
ソファに座ってるエルザを見た時は、ほっーとした。

これに懲りた私達は出張トレーニングの先生を紹介してもらい
エルザとともにトレーニングを受けた。
その成果か、今では「よし」と言わない限り外へは出なくなった。

トレーニングは一通り終わったが
月に一度、その先生に来てもらいトレーニングを受けている。

上記のエピソード以降もたまにびっくりするような事をするエルザなので
私達にとって先生は 心強い相談者だ。
2006/03/29
セブ(♂)【6歳】沖縄県
うちのナンバー2です
2006/03/30
ピット(♂)【'02年01月10日】和歌山県
元気一杯です!
2006/03/31
ハナ(♀)【'01年01月04日】京都府
おじいちゃん、ハナは元気です!
私達が始めてハナと出会ったのは、2001年3月31日、家庭動物相談所でした。
真っ白でまん丸に太った仔犬でした。

ちょうど春の花が咲き誇る頃に我家にやってきたので、名前をハナと名付けました。

ボール遊びが大好きで、あきらめない性格のハナ。
去年の冬に、他界したおじいちゃんが大・大・大好きだったハナ。おじいちゃんの分まで長生きをして、ずっと皆のそばにいてね。

番犬としても本当に助かっています。
ハナが我家にやって来てくれてよかったよ。
これからもよろしくね!


≪代理投稿スタッフより≫
ハナちゃんの大好きなおじいちゃんは、ハナちゃんの載るカレンダーの到着を楽しみに待っていてくださいましたが、お届けした日はおじいちゃんが亡くなったあと、ちょうどお通夜の日でした・・・。私は残念で無念で情けなくて思わず涙がこぼれましたが、娘さんがカレンダーをお棺の中に入れてご報告くださいました。
きっとこれからも天国からハナちゃんやご家族をやさしく見守ってくださることでしょう。心よりご冥福をお祈りいたします。