2006年2月の“わん”

2006/02/01
ハナ(♀)【5歳くらい】沖縄県
お顔が・・・
みなさ〜ん!今日から2月!
と2月に目をやった瞬間!
「ギョ!お顔がぶちゃいく、おもしろい顔」な〜んて思ってませんか?

お顔は強面だけど、とっても優しくって、人にもワンにもフレンドリーで短いシッポをフリフリしてダンスで大歓迎です。

1月26日に登録しているビギーと一緒に2年前の2月1日に沖縄にやってきました。

大好きなお父さんとのお散歩が楽しみです!
2006/02/02
★マリン(♀)【'02年02月02日】愛知県
また、行きたいな
去年、石垣島へマリンのお母さんに逢いに行きました。
とっても穏やかな大人しい子でした。

その子は捨て犬だったそうです。
お腹に子供が出来たから捨てたのか、
放浪中に出来たのか、分かりませんが
純血のラブでこんな優しい子を何故見捨てる・・!
その優しい血を引いてるはずが・・・
家では同居のワン達に一番威張ってるマリンです・・・・・

わんわんクラブさんの近くの岬に立ち寄りました。
前日は大雨でしたが帰る日は悔しいくらいの快晴!
誰もいない素晴らしい景色の中、大いに走り周りました。

是非!また行こうね!!
2006/02/03
ヒメ(♀)大阪府
7才の甘えん坊です
2006/02/04
ロビン(♂)【'01年02月04日】 千葉県
活発で甘えん坊さん
2006/02/05
元気(♂)【'03年02月01日】京都府
元気印!
3年前、柴犬専門の犬舎からやってきた元気は、見た目に元気そのもの。そして、それがそのまま名前になりました。

3歳になった今も、元気はやっぱり元気一杯な甘えん坊ちゃんです。

そんな元気の大好きなこと、その1は、お散歩です。
今からお散歩に行けると思っただけで、大コーフン!
何キロも歩いたかのように心拍数が上がり、体温まで上昇してしまう元気です。
グイグイ引っ張って、どこまでもいつまでも歩いていたいのです。

元気の好きなこと、その2、それはボールです。
お母さんの顔を見ただけで、「遊ぼう!」とテニスボールを咥えます。
表面の黄色い毛がみんな取れてしまったボールでも、元気にとっては大切な宝物。
いくつもいくつも、どこかに隠しているようです。笑

今冬は雪が多く、散歩大好きな元気にとってはサプライズ♪
足元で雪球ができて転がるのをボールみたいに追いかけて咥えると、雪球が崩れてなくなるのを、「あれ?」って不思議そうにしている様子がとっても可愛い元気ですが、次の瞬間、またまた次の雪球を追いかけ、咥え、なくなるとまた次を追いかける。
その一生懸命さが微笑ましく、そんな元気と一緒にいると、こちらまで元気になる気がします。

《お母さんから元気へ一言》
お散歩の時は、お母さんのことだけじゃなくて、家族の言うことにもちゃんと聞けるお利口さんになってよね。
わかった?
2006/02/06
マーブル(♀)【'97年02月06日】神奈川県
チャーミングな湘南娘
2006/02/07
ぽんぽんのすけ(♂)【'03年02月07日】東京都
米原出身、東京在住。
2006/02/08
ルイ(♀)沖縄県
ちょっとビビリのパートナー
ルイと初めてあったのは、太田のビーチでした。石垣島に移住して最初の1年半、事情があって独り暮らしをしなければならなくなり、夫が来るまでのパートナーとして、犬を飼うことにしたのです。この島にはたくさんの捨て犬がいてそれを保護している人がいるので良ければ里親になってあげて、という知人の紹介で太田の浜で待ち合わせをしたのです。目があってビビッときたなんていう運命的なものを感じた訳でもなく、先方の出来ればこの子を…という希望で、家に連れて帰りお正月を一緒に過ごしたのが、ちょうど今から2年前。それからずっと一緒です。
人なつこいとっても良い子なのだけど、雷と花火が大の苦手。私が気づかない内から、落ち着きがなくなって、呼吸が荒くなり、ガタガタ震え出すのにはびっくり。お陰で、私が怖がっている暇などなく、「大丈夫、大丈夫」って抱きしめていました。
どんなお天気でも気分でも、一日2回のお散歩は欠かせないから、ルイと近くの牧場を歩いたり、ビーチに行ったり。犬を介してたくさんの知り合いも出来ました。慣れない土地での独り暮らしを無事に乗り切れたのは、ルイがいてくれたから。ほんとうにありがとうね。夫も来て、ルイはますます甘えん坊のやんちゃ娘になっています。家の片隅でやっている小さなお店にお客さんが来ると、誰より先に飛び出していって、構ってもらおうとすり寄っていくのですから、看板犬であることを自覚してるのかな? これからはもっと犬とも上手につき合えるようになるといいね。

ちょっと余談になりますが、ルイが保護されていた家の方が、『にゃんぽ島の虹』という絵本を作ったのですが、ルイはその中に、月影という名前で登場しているのですよ。かなり重要な役で。興味のある方はその方のホームページ覗いてみてください。
http://www.interq.or.jp/tiger/kagetora/mayumi/
2006/02/09
フクノスケ(♂)大阪府
幸福の「福」ちゃん。
(フクちゃんは捨て犬だったため誕生日が分かりません。
2月9日=フク(29)ちゃんの日と勝手に決めて登録させていただきました♪)

もう10年くらい前のこと。私が会社から帰ってくると、玄関に見知らぬワンコが・・・!
「家の前でじーっと伏せしてて、お腹空いてそうやったからエサあげてん。そしたら家に入ってしまいよってん」と母。

ワンコはとても痩せて汚れていました。手足の肉球はこすれて血が出ていました。
「捨てられたんかなぁ。長いこと放浪してたんやろなぁ」
「何歳くらいやろ。結構年とってそうやなぁ」

私たち家族は、一生懸命ご飯を食べているワンコを見ながら話していました。

それから3日間はご飯を食べる以外寝てばかりいました。よほど長い間放浪して疲れていたんでしょう。おとなしいけれどちょっと怯えている様子で、軽くですが噛みつくくせもありました。何か怖い目にあったのかもしれません。
そんなワンコを私たちは家族として迎えることにしました。
「幸福の福のフクちゃん。フクちゃんにしよ」名前は母が決めました。

痩せて汚れた体は、ぷくぷくつやつやの体になりました。びくびくして神経質だったのに、のんきすぎるくらいマイペースなワンコになりました。あれからもう10年。人間の年齢にするともうそろそろ定年ですが、まだまだ元気いっぱいのフクちゃん。寒い冬は特に元気で、朝夕の母との散歩だけでなく、夜遅くにも父と散歩に行っています。

フクちゃんは文字通り、幸福いっぱいのワンコです。
そして、私たち家族は毎日フクちゃんから幸福をもらっています。

時々、幸せいっぱいのフクちゃんを見ながら考えます。
フクちゃんはどこで産まれたんだろう。
フクちゃんのお父さん、お母さん、きょうだいはどこにいるんだろう。
もしフクちゃんが私たちと出会わなかったらどうなっていたんだろう。

・・・フクちゃんのように幸せなワンコばかりの世の中になりますように。

フクちゃんのホームページもご覧いただけると嬉しいです。
「フクノスケノココロ」:http://fukunosuke.pupu.jp/
2006/02/10
ノーティ(♂)【'01年02月10日】沖縄県
海だ〜いすき!!
2006/02/11
初代・チョビ(♂)【'92年02月14日】 沖縄県
ぬいぐるみじゃないよ〜
2006/02/12
ラピュタ(♀)【'90年12月27日】 京都府
ありがとうね♪ 感謝です
2006/02/13
リキ(♂)【'00年12月05日】 北海道
かまって、かまって!
2006/02/14
ちび(♂)【'89年2月14日】 愛知県
お利口さんな子でした
2006/02/15
モモ(♀)【'02年02月15日】 沖縄県
カン太と赤い靴大好き
2006/02/16
★すず(♀)【'04年夏頃うまれ】 岐阜県
やんちゃ姫!すずは宝物☆
すずが我が家にやってきて、かれこれ10ヶ月になります。
空港で初めて会ったとき、「すずちゃん!」と呼ぶと尻尾をブンブン振りながら顔を舐めてくれて、なんだかムツゴロウさんになったみたいでうれしかったことを覚えています。

すずは、とっても天心爛漫で犬も人も大好きで、、という一面もあるのですが、実は繊細でビビリな一面もあります。
すずは、舌の先が少しちぎれていて、そして後ろ足の爪も一本ありません。
少し傷しても痛い敏感なところだけに、さぞかし痛い思いをしたろうなあと思います。
それだけ、管理人さん出逢うまで、すずはすずなりに一生懸命生きてきて、色々あっただろうに、それでもずっと明るくて優しい心を持ち続けていて、すずはすごいなあって思います。尊敬しております。
そのちっちゃな身体で我が家に来るまで、どんな道だったんだろうとおもうと、ちっちゃな手や足やちぎれちゃった舌がとてもとても愛してたまりません。
皆さんには、「とってもおとなしいわんちゃん」と言われ、愛想ふりふりですが、家では、ちっちゃな物音に驚いたり、やんちゃ(いたづら)もしっかり!食い意地も相当張っています! 
外面のいい私、飼い主に似たと言われております(笑)。。食い意地もかな?

のびのび甘えたり。強気にでてみたり。安心しきった寝顔をみていると、本当にすずに出会えてよかった、家にきてくれた運命にありがたく感謝します。
なにもかもかわいくってぇ仕方ありませ〜ん!!
私の友達たちも皆すずのとりこです。。たぶん。
すずと一緒に狭いソファでくっついてお昼寝しているとき、とてもとても幸せを感じます。
母はたまに、すずと私を呼び間違えたりするのですが、、なぜでしょう??
私にとってすずは大親友であり、妹でもあり、天使であり、宝物です☆
たまにケンカもするけど、やっぱりすずは何にもかえがたい大切な存在だという想いが深まるばかりです。 
すずに出逢えてほんとによかった☆ 管理人さん、皆さん、ありがとうございます☆
すず、いつまでも幸せに元気なやんちゃ姫でいてね☆

最後に。すずは、ちっちゃな物音でも怖いのに、おおきな雷にはまったく動じません。産まれたのが、夏。さすが石垣島育ち!! 皆さん家のわんちゃんもそうですか〜?
2006/02/17
ショコラ(♂)【'01年02月17日】京都府
ショコラくん
ショコラとの出会いは、あまりにも突然でした。

「ラブラドール、飼いたい?」 主人に聞かれるままうなずいたその翌日にやってきたのです。
ラブラドールってどんな犬なのか、どうやって飼ったらいいのか、なにもわかりませんでした。
当然、私の中でショコラへの愛情が芽生えたのは、もっともっと後のことでした。

ショコラは、勝手口に置かれました。
夜鳴きはするし、庭へ出せば庭木はかじるし、まるで猪のように突進して苔を台無しにしてしまうし、第一、犬を飼うのにこんなにお金がいるなんて思いもよりませんでした。毎月のフード代、ワクチン、狂犬病の予防接種、かかる金額は全く想像を超えていました。

毎日のお散歩も苦痛でした。
真冬の散歩を逃避するために、訓練所に預ける期間をわざわざ冬に選んだくらいです。

大人しいショコラは、庭に侵入してくる野良猫を追うことも無いし、番犬にすらならないのです。。。

けれど。
気がつけばいつも私を見つめるショコラのまっすぐな眼差しがありました。

ショコラは、家族の話に相づちをうちます。まるで会話の内容がわかっているみたいです。

ショコラは、キッチンから出て他の部屋を荒らしたりしません。皆がリビングにいても、一番リビングよりのキッチンの縁で、じっとこちらを見ています。

ショコラは、人間並みのイビキをかきます。実家に初めて泊まった夜、母は泥棒がイビキをかいて寝ていると思い棒を持ってイビキの方にそっと近付くと、なんとそこに寝ていたのはショコラでした。

ショコラの好みのタイプは、白い犬です。 水も大好きです。なのに、何故か琵琶湖の波は嫌いです。

ショコラは、体は大きいクセに甘えん坊で、なでて欲しいと、上手く自分の口を使って、私の手を自分の体の上に乗せます。なでるまで諦めないので、つい負けて、なでてしまいます。

我が家に来た時のハラハラドキドキの毎日に比べて、今ではとっても甘えん坊で、娘や主人にどんなイタズラをされてもじっとしている賢く優しいショコラ。

ショコラは、かけがえのない我家の大切な息子です。
2006/02/18
★さくら(♀)【'01年06月20日】 埼玉県
北斗兄ちゃん よろしく
2006/02/19
MAC(♂)【'97年02月22日】 沖縄県
MACくん
皆さん、こんにちワン♪ ぼくの名前は『マック』です! 持病のテンカンの発作も落ち着いて、日課のオシャブリを欠かさない11歳で〜す。
2006/02/20
チョロ松(♂)【'92年03月22日】 京都府
ビビビっ☆の出会いから14年
私の家は犬好きで、これまで沢山の犬を飼ってきました。多いときは、3頭もの犬を同時に飼っていました。
多頭で飼うことに違和感はなく、メスのシェルティが1頭になったとき、もう1頭飼いたくなって犬屋さんへ出向き、そこで主人とチョロ松の目が合ってしまった。
それがチョロ松との運命の出会いでした。

当時見ていたテレビドラマに登場した「チョロ」という呼称がなぜか頭から離れず、幼くちょこまか動く子犬の愛くるしさに最初はチョロと呼んでいたのですが、いつのまにかチョロ松という名前になってしまいました(笑)。

チョロ松は、これまで飼ってきた犬たちのどの子達よりも、大人しく穏やかな性質で、お散歩に連れて行っても、誰ともどんな犬とも仲良くうまくお付き合いができ、その点、大変安心でした。

そんな飼い易い子ですので、毎日、私と一緒に車で出勤することができました。病気らしい病気もしたことがなく同じベッドで寝起きを共にし、ずっと14年、私の傍で共に生きてきたといってもいいでしょう。

毎日チョロ松のお散歩に付き合ってくれていた主人の父が昨年他界してしまい、チョロ松の心に張り合いがなくなってしまったのか、今チョロ松は体調を崩し、思わしくない状況です。義父は、常々チョロ松はとってもいい子で、こんな飼い易い子は見たことがないと可愛がってくれていました。
義父は、チョロ松にとって大切な存在だったに違いありません。

3月22日に14回目のお誕生日を迎えるチョロ松。
既に高齢でもあり、どこまで回復できるのか見通しは決して明るいとは言えません。
これまで我侭も言わず、小さな体でそっと私に寄り添ってくれていたチョロ松、その存在がいかに大きかったのかを実感するのは、まだこれからなのかもしれません。

《チョロ松ちゃんは、14回目のお誕生日を目前にした3月20日、安らかに虹の橋を渡って行きました。心からご冥福をお祈りいたします。》
2006/02/21
じゅんのすけ(♂)【'97年07月07日】 京都府
実は甘えん坊なんです
2006/02/22
ひな(♀)【'02年02月22日】 愛知県
どんくさい お嬢ちゃん
2006/02/23
ROBIN(♂)【'98年08月08日】 京都府
だっこ大好き!のボク
2006/02/24
★風大(♂)【'03年07月】 大阪府
要領良しの人気者!
2006/02/25
Qoo(クー) (♂)【'03年02月04日】京都府
食いしん坊です☆
2006/02/26
ハル(♂)【'04年02月26日】 福井県
おっさんフェチです☆
2006/02/27
ルジ(♂)神奈川県
スウィートボーイ
2006/02/28
★ふうこ(♀)【'03年03月02日】 岐阜県
美人になったね〜